20190512

選べるデリプレートのホテルランチ!ホテル京阪築地銀座グランデ

ホテル京阪築地銀座グランデ

2018年12月14日(金)築地駅・出口3番より徒歩2分の場所にオープンした、ホテル京阪築地銀座グランデのレストラン「Octavar(オクターヴァ)」のランチに行ってきました。レストランのコンセプトは「地中海料理&バル」です。

Octavar(オクターヴァ)ランチメニュー

ランチはデリカフェスタイルです。ホテルの公式ホームページをみるとメニューは【メイン1品+サイドディッシュ2品にパン、サラダ、スープが食べ放題】のプランのみが掲載されています。

じゃらんの遊び体験には複数のランチプランが用意されていますので、そちらから予約したほうが選択肢が広がります。

▼じゃらん遊び体験のプラン一覧

■ホテルのプラン+1ドリンク付き(1,300円)
■ホテルのプラン+1ドリンク付き+コーヒー&紅茶(1,500円)
■ホテルのプラン+1ドリンク付き+コーヒー&紅茶+デザート(1,800円)
■ホテルのプラン+1ドリンク付き+コーヒー&紅茶+デザート+パスタ+メイン(肉or魚)(2,500円)

※1ドリンクは、スパークリング、ビール、ワイン、コーラ、ジンジャーエール、烏龍茶からチョイス

鶏と玉ねぎのバルサミコ風、カジキマグロのエスカベッシュ、ゴロゴロ野菜のオリーブ焼き

私たちは2,500円のプランを予約したのでデリプレートにパスタとメインが付きます。

まずはランチのデリプレート。メインは鶏と玉ねぎのバルサミコ風、サイドディッシュはカジキマグロのエスカベッシュ&ゴロゴロ野菜のオーブン焼きです。サラダ、パン&ライス、スープが食べ放題です。

ハンバーグステーキ、生ハムとチーズのライスサラダ、スパニッシュオムレツ

もうひとつのプレートです。メインはハンバーグステーキ、サイドディッシュは生ハムとチーズのライスサラダ&スパニッシュオムレツです。

ここまでがスタンダードプラン(1,080円)で、プレートのおかずでお替り自由のご飯やパンを食べるスタイルになります。

デリカフェランチ

デリプレートの選び方ですが、トレイをもってカウンターに取りに行きます。メインは3種類から1品、サイドディッシュは5種類から2品選びます。

サイドディッシュ

サイドディッシュです。

レタス

サラダビュッフェはレタスのみ。ちょっとさびしい。。。

ご飯とパン

デリとサラダを取り終えると、その奥にパン&ライス、スープのコーナーがあります。パンは全部で4種類ありますが、デニッシュは早々に品切れになってしまいました。補充されなかったのでちょっと残念です。

ベーコンと野菜のパスタ

パスタはベーコンと野菜のパスタです。

白身魚のムニエル

メインの白身魚のムニエル。

豚肉のグリル

メインの豚肉のステーキ。焼き加減にけっこう感動しました。表面は焦げ目が香ばしい味わいで、なかは適度に脂身があってジューシーです。牛ステーキと勘違いするくらいのうまさです。

コーヒー&紅茶

コーヒー&紅茶です。UCCのコーヒーメーカーで美味しいコーヒーがいただけます。紅茶はスリランカのディルマー紅茶です。

デザート

最後にプチデザートは抹茶のケーキとモンブランのケーキ、ブルーベリー添えです。

1,080円のデリプレートだけだと少し物足りなさを感じます。ビュッフェというよりはパン&ライスお替り自由の表現が正しいかもです。2,500円のフルセットまでいけば、食べごたえのあるコースランチになります。オープンしたばかりなので、これからメニューが変わりそうですが、真新しいホテルでランチをする機会などめったにないので、楽しい時間になりました。

スポンサーリンク
20171009レクタングル(大)広告
20171009レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする