20190512

ミシュランビブグルマンにも掲載!「銀座 佐藤養助」稲庭干うどん

稲庭干うどん佐藤養助

2019年3月、新橋に用事があったため、以前から気になっていた、稲庭うどんのお店「銀座 佐藤養助」でランチを食べました。店構えからして高級そうで、うどん屋とは思えない雰囲気が漂っています。

銀座という土地柄とお店の雰囲気から入るのをちょっと躊躇しましたが、意を決して入店します。

ちなみにこの界隈は週末のランチで良く通っていて、近くには「アルケントーレ銀座」や「サント・ウベルトゥス」といったおすすめのランチスポットがあります。

銀座 佐藤養助 ミシュラン

創業150年以上の伝統とこだわりの製法で作られる稲庭干饂飩は、明治に宮内省御買上の品とだそうです。さらに2017年には、”5000円以下で良質な料理を提供する高コスパのレストラン”を紹介する「ビブグルマン」に掲載されています。

佐藤養助 メニュー

外のランチメニュー

お店の外にあるメニューです。人気は特だし表示の「二味せいろ(醤油・胡麻)」と「タイ風グリーンカレーつけ麺」です。

下記、主なメニューを抜粋

【せいろ】
・醤油せいろ(1000円)
・天ぷらせいろ 醤油(1900円)

【つけうどん】
・温玉つけうどん(1200円)
・とろろつけうどん(1350円)

【温うどん】
・かけうどん(1100円)
・天ぷらうどん(1900円)

店内ランチメニュー

店内のメニュー表です。なぜか「二味せいろ」の価格が外のメニューと100円違うような・・・

佐藤養助 二味せいろ

二味せいろ1200円

うどんそのものの美味しさが味わえるよう「せいろ」を注文。そして、せっかくなので醤油と胡麻の2種類の味が楽しる「二味せいろ」に。

稲庭うどん

うどんは表面にツヤがあってみずみずしいです。ポイントは・・・思っていたより細麵!なのにコシあって喉ごし抜群です。こんなにスルスルと食べられるうどんは初めてかも。

難点は・・・ふと気づいたら1分も経たないうちにひと玉食べ終わっていました。美味しさに感動して、箸がすすみ過ぎました。味わって食べるのを忘れるとあっという間に完食してしまいます。男性はせいろ1枚だと物足りないかもです。

醤油と胡麻味噌だれ

うどんの美味しさがよりはっきりするのは醤油のつけ汁でした。胡麻も風味が強く美味しいのですが、個人的には醤油のほうが好みでした。

サラリーマンランチにしてはちょっと高級ですが、ミシュランビブグルマンに掲載されるだけあって納得の美味しさの稲庭干うどんでした。

新橋で稲庭うどんを食べるなら「稲庭うどん 天茶屋七蔵」もおすすめです。

住所: 東京都中央区銀座6-4-17 出井本館1階
電話番号:03-6215-6211
営業時間:平日ランチ 11:30~15:00、土日祝ランチ 11:30~15:00
定休日:無休(年末年始、お盆は休み)
食べログ:銀座 佐藤養助

佐藤養助商店 お取り寄せ

これだけ美味しい稲庭うどんなので、贈り物として、または家庭用に食べたいという人には、公式ホームページからお取り寄せできます。

『3束つゆ付き2,500円送料無料』なら楽天がおすすめです↓
【麺類 うどん 稲庭うどん 送料無料】秋田県湯沢市 稲庭うどんの老舗八代目佐藤養助商店 稲庭うどん紙化粧箱入りうどん 80g×3束つゆ付【ギフト 贈答用 お歳暮 お中元】

スポンサーリンク
20171009レクタングル(大)広告
20171009レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする