20190512

ティップサマイ バンコク《人気のパッタイ専門店はやはり違う!》

ティップサマイ バンコク

2019年7月に4泊5日でタイとラオスに行ったときの旅行記です。到着初日の夜はバンコクで最も人気のあるパッタイ専門店「ティップサマイ」で夕食を食べました。

バンコクに4店舗あります。今回、本店が宿泊したエリアから近いこともあって、こちらに決めました。

ティップサマイ 行列

本店の営業時間は17時から深夜2時までなので、プランを立てるときはディナーに組み込むことになります。

お店の到着は17時半でしたが、すでに行列です。でも回転が早いようで、待ち時間は20分くらいでした。

ティップサマイ メニュー

ティップサマイのメニューです。上段はスペシャルメニューでしょうか、高めの価格です。

・オリジナルパッタイ(120バーツ)
・パッタイソンクルアン(400バーツ)
・巨大エビのパッタイ(400バーツ)
・パッタイ(75バーツ)
・ベジタリアンパッタイ(85バーツ)
など

ティップサマイ オーダー用紙

注文はオーダー用紙でします。

ティップサマイ 薬味

テーブルに砕いたピーナッツや唐辛子などの調味料があるので、自分の好みの味付けで食べます。

ティップサマイ エビのパッタイ卵包み

人気メニューのパッタイの卵包み、「パッタイ・ホーカイ(120バーツ≒420円)」はオムそば的な感じ!?

麵は細く平たくソースがよく絡んでいます。何と言っても、オリジナルソースがとても美味しいです!いままで食べたパッタイと全然違います。エビのオイルを使用しているのが特長です。

ティップサマイ オレンジジュース

パッタイと並んで人気なのがオレンジジュースです。多くのお客さんが注文していました。オレンジの果肉がたっぷりで人気なのも納得です。賞味期限が当日なのでフレッシュさも美味しさの秘訣です。

ジュースのグラスが来ないので聞いたら、氷入りのカップは別料金の2バーツでした。

ティップサマイ パッタイソンクルアン

「パッタイソンクルアン(400バーツ≒1,400円)」。具材はエビ、ほぐした蟹身、スライスいか、スライスマンゴーです。いままでのパッタイの概念を覆す豪華さで、こちらはぜひ食べてもらいたいです。

ティップサマイ 店内

店内の様子です。広くて席も多いです。エアコンが効いていて快適です。そしてスタッフさんの接客が丁寧で、教育に力をいれているのがわかります。

ティップサマイ ガイドブック

世界中のガイドブックが展示されています。どのガイドブックにも紹介されているのでしょう!

ティップサマイ パッタイ 感想

世界のメディアやガイドブックに紹介されているパッタイ専門店です。日本では決して食ることのできない、並んででも食べる価値のある美味しさでした。食事代はパッタイ2種類とオレンジジュースで約2,400円でしたが、普通のパッタイを注文すればもっと安く済みます。はじめてのバンコク旅行の方はぜひスケジュールに組み込んでみてください。

ティップサマイ 店舗

公式ホームページにはバンコクに4店舗と記載されています。本店以外のお店に行った人のブログを読む限り、本店以外は並んでない感じがします。(※詳細は現地にてご確認ください)4店舗のうちフードコートになっているのがキングパワーコンプレックスにあるお店です。

※テキストをクリックするとGoogle Mapが開きます↓

ティップサマイ 営業時間

本店は17時~深夜2時までの営業ですが、各店舗によって営業時間が違いますのでご注意ください。詳しい営業時間は公式ホームページに記載されています。各店舗の営業時間はこちら>>

ティップサマイ 待ち時間

カノムブアン屋台

ティップサマイの入店を待つ間、お店の隣の屋台でタイのお菓子「カノムブアン」を焼いていましたので買ってみました。

カノムブアン

サンドされているのはココナッツの細切りで、サクサクで甘くて美味しいです。

【タイとラオス4泊5日の旅行記 関連記事】

感動的なワットアルンの眺望『リヴァ アルン バンコク』リバービューの部屋

風が気持ちいい癒しのレストラン『リヴァ アルン バンコク 朝食』

ワットポー近くの素敵なカフェ『A Pink Rabbit + Bob』

リーズナブルな価格で利用できる『ノボテル バンコク プルンチット スクンビット クラブラウンジ』

ミシュランピブグルマン掲載!カオニャオマムアンの有名店『ゴーパーニット』

幻想的で迫力ある夜の寺院に潜入『ワットポーライトアップ』

他の寺院とは世界観が違うフォトジェニックな『ワットパクナム バンコク』

ドンムアン空港利用に便利『ザ クォーター ラープラオ バイ UHG』

おすすめレストランとお土産『イータイ バンコク セントラルエンバシー』

グッとくる豊富な料理『ノボテルバンコク プルンチット スクンビット 朝食』

庶民的でも洗練されたタイ料理『タリンプリン セントラルプラザ ラップラオ』

スポンサーリンク
20171009レクタングル(大)広告
20171009レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする