20190512

Opus 銀座 ランチ《上質でくつろげる6種デリビュッフェ》

Opus 店内

2019年6月の週末です。今年3月に開業したばかりのホテル、ロイヤルパークキャンバス銀座8。その最上階にあるレストラン「Opus(オーパス)銀座」のランチに行ってきました。

メニューは、2019年ミシュラン一つ星を獲得した東京・広尾人気フランス料理レストラン「Ode」のオーナーシェフ・生井祐介氏が監修しているそうです。アート作品のような芸術的なメニューが味わえるオールデイダイニングです。(引用元:レストランHPより)

Opus ビュッフェコーナー

ランチはメイン料理+パンに6種類のデリが食べ放題です。ドリンクバーも付いています。メインの値段は料理によって異なります。多くのお客さんがワンドリンク付の一休プランで予約していた感じです。>>乾杯ワンドリンク付の一休プラン

■スープ(1,980円)
■パスタ(2,300円)
■肉料理(2,600円)
■魚料理(2,600円)
■スペシャル料理(5,800円)※2名分

詳しい内容は食べログ「Opus」に掲載されています。

Opus サラダ

6種のうち5種類は野菜のデリです。

Opus 野菜総菜

豆のサラダ、キャロットラぺ、野菜のアンチョビマリネ。シンプルですが工夫されて、どれも美味しいです。

Opus キッシュ

お替りをたくさんしてしまったタルトキッシュ。口当たりのいい味付けとタルト生地の軽さがとても好みでした。

銀座中央通り

ホテル最上階14階からは銀座中央通りが見えます。

Opus フォッカッチャ

直前でトーストしているので焼きたて感があるフォッカッチャ。

Opus ミネストローネ 1,900円

メインは「ミネストローネスープ」です。たっぷり野菜のうえには大きなアサリがどっしりとのっています。

Opus 松坂ポーク スペアリブのオレンジ煮 2,600円

肉料理は「松坂ポーク スペアリブのオレンジ煮」。確かに盛り付けはアートです。

Opus ドリンクバー

いいものを使っているのはず!オレンジジュースの味が濃いです。しっかりした甘みと酸味のバランスで美味しく感じました。

ビュッフェをがっつり楽しむというよりは、上質だけどくつろげる空間で料理と会話、雰囲気を楽しむようなランチでした。スタッフさんの接客もとても心地よく、またデリの種類が変わったころに行きたいですね。

■住所: 東京都中央区銀座8-9-4 ザ ロイヤルパークキャンバス銀座8 14F
■アクセス: JR「新橋駅」徒歩13分
■営業時間:月~土 7:00~23:00/日 7:00~21:00
■食べログ: Opus 銀座

スポンサーリンク
20171009レクタングル(大)広告
20171009レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする