20190512

沖縄2泊3日モデルコース《決定版!はずしたくない人におすすめ》

橋のたもとの展望デッキ

2018年12月に2泊3日で沖縄に行ったときの旅行記です。JALのマイルがあったので、そのマイルを活用してどこか行けるところはないかと調べていたら沖縄が候補になりました。

12月の沖縄はオフシーズなのでマイル数も少なく、さらにホテルも安く泊まれましたのでお得に沖縄を初体験できました。

沖縄 12月 気温

年間で一番寒い時期が1月と2月で最低気温は14℃前後です。12月の平均気温は18℃、最高気温21℃/最低気温16℃といった感じです。ちなみに東京の12月が8℃前後ですので、12月と言っても沖縄は断然温かいです。しかも12月は降雨量が少ないので天気に恵まれた旅行ができそうです。実際、私たちが行った3日間はすべて晴れでした。

沖縄 12月 服装

日中は半袖でも大丈夫でした。と言っても朝晩は気温が下がるので薄手の長袖を1枚着て過ごしました。ズボンは長ズボンをおすすめします。短パンをはいている人は見かけませんでした。

ガイドブックには軽めの冬の服装と書いてあるので、薄いダウンジャケットを予備で持参してもいいかと思います。

沖縄旅行 プラン 立て方

沖縄も広いので2泊3日では到底周りきれません。行きたい場所、泊まりたいホテルを考えてスケジュールを組みました。沖縄を6つのエリアに分けて計画するとわかりやすいです。

(1)島北部
・マングローブのカヌー体験や島の大自然が体験できるエリア

(2)美ら海周辺
・美ら海水族館、古宇利島、フクギ並木など沖縄の自然観光のハイライト

(3)島西部
・美しいビーチが広がるリゾートエリア

(4)島中部
・異国情緒あふれる街並みやカフェが集うエリア

(5)那覇エリア
・首里城、国際通りなど沖縄観光の定番エリア

(6)島南部
・世界遺産の斎場御嶽や絶景岬など意外な魅力あふれるエリア

沖縄2泊3日 モデルコース 初日

ロビー

平日の仕事終わりに羽田に直行し、19:35羽田発のJAL最終便に搭乗しました。那覇空港到着は22:25です。初日は寝るだけで、次の日のスケジュールを考えて、ゆいレールのおもろまち駅すぐの「ホテル法華クラブ那覇 新都心」に宿泊しました。

沖縄2泊3日 モデルコース 2日目

2日目は朝からレンタカーを借りて美ら海周辺を観光しました。途中、有名な道の駅に寄ったり、ランチはくるま海老専門店でお刺身やエビフライをいただきました。

ホテル法華クラブ那覇新都心の朝食

7:00 沖縄の郷土料理がたくさん並ぶ朝食でお腹いっぱいでした。

>>詳細は「沖縄郷土料理を食べ尽くす!ホテル法華クラブ那覇新都心の朝食」

DFSレンタカー

9:00 Tギャレリア沖縄にあるカウンターでレンタカーの手続き。各社の受付窓口が揃っているのでレンタカーを借りるなら便利です。

>>レンタカーを借りるならクーポンが使えるじゃらんがおすすめです

もずくの天ぷら

11:04 「道の駅 許田」でサーターアンダギー、もずくの天ぷらを食べました。

>>詳細は「道の駅 許田 観光スポットとして十分成り立つ魅力あり!」

古宇利島からみた古宇利大橋

12:00 インスタ映えスポットとして人気の「古宇利島」に到着

浜辺からのハート岩

12:30 JALのCMでも話題となったハートロック

>>詳細は「車で行けちゃう美しい沖縄の海に囲まれた離島 古宇利島」

車海老

13:30 車海老の養殖場が運営する「くるまえびキッチンTAMAYA」で車海老の天ぷらとエビフライをいただきました。

>>詳細は「くるまえびキッチンTAMAYA|養殖場直営の鮮度抜群!車えび料理」

フクギ並木

14:30 備瀬のフクギ並木。もともと防風林として植樹されたフクギ。ノスタルジックな雰囲気の緑のトンネルで癒されました。

美ら海水族館

15:00 念願の美ら海水族館。ジンベエザメでかすぎ!みなさん写真撮りすぎ!

余談ですが水族館の入場券は「道の駅許田」で通常より安く購入できます。

オキナワマリオットリゾート&スパ

18:00 沖縄マリオット到着。ラウンジ利用特典が嬉しいエグゼクティブフロアに宿泊。

>>詳細は「オキナワマリオット エグゼクティブルームの特典やアメニティ」

オーシャンラウンジカクテルタイム

18:30 ラウンジにてカクテルタイム。沖縄マリオットはラウンジがふたつあるのが特長。

>>詳細は「ダブルラウンジで楽しさ2倍 オキナワマリオット エグゼクティブラウンジ」

沖縄2泊3日 モデルコース 3日目(最終日)

あっという間に最終日です。20:05の飛行機まで那覇空港方面に南下しながら、観光やグルメスポットを周ります。

沖縄マリオット朝食

7:30 巨大なレストランで朝食をいただきました。中央のライブキッチンがここの朝食の特長です。

>>詳細は「巨大なライブキッチンでリゾート気分 オキナワマリオット朝食 」

万座毛 象の鼻の岩

10:00 沖縄北部恩納村にある万座毛。ゾウの鼻に似た奇岩が有名です。崖の下は透明度の高い海が広がっています。駐車場が少ないので駐車場待ちの渋滞になるので注意です。

万座毛の名前の由来:
1726年(尚敬一四)に時の琉球国王尚敬王が国頭巡視の途中に恩納を訪れ、村人が臼太鼓(ウシデーク)でクンシイ毛を披露し、盛大に歓迎した。感動した王がその絶景を「万人を座らせるに足りる」と称賛したことから、万座毛と呼ばれるようになったと言われている 引用元:ウキペディア

万座毛海岸

遠くに見えるのが「ANAインターコンチネンタル万座ビーチリゾート」です。あとでホームページ見たらとっても良さそうなリゾートホテルでした。確実にセレブ気分です。

※ホテルの内容が気になる方は各旅行サイトへリンクしています

>>楽天トラベル | じゃらん | 一休

シーサイドレストラン

10:30 沖縄初のドライブインレストランは1967年創業。沖縄の海を眺めながら食事がとれます。名物はスープ(250円)です。コショウをかけていただくのが通だそうです。朝食を食べたばかりだったのでスープとハンバーガー(250円)を注文しました。

■住所:沖縄県国頭郡恩納村仲泊885
■TEL: 098-964-2272
■お店のHP:シーサイドドライブイン

斎場御嶽

12:30 琉球王国最高の聖地と言われる「斎場御嶽(せーふぁーうたき)」。世界遺産にも登録されています。いまでも神事が行われる神聖な場所なので配慮が必要です。

現地でガイドを申込んで見学したので、沖縄の歴史の勉強になりました。ひとり300円なので時間に余裕があるかたはオススメです。

久高島

「神の島」といわれる久高島。

知念岬公園

13:45 斎場御嶽とセットで観光したい「知念岬公園」。展望台からは太平洋を見渡せます。

大城天ぷら

14:00 おやつに天ぷらが沖縄流!?ということで、食べログの沖縄天ぷらBEST20の3位になっている「大城天ぷら店」。ひとつひとつが安いのに驚き。

■住所:沖縄県南城市玉城奥武193
■TEL: 098-948-4530
■食べログ:大城天ぷら店

首里城

15:30 沖縄に来たらやはりここは行っておきたい!となって最後に首里城を見学。

薬草13種ブレンドと琉球生菓子セット

16:30 首里城から徒歩10分の「ぶくぶく茶専門店 古都首里嘉例山房」でお茶をしました。茶筅で泡立てながら飲む珍しいお茶です。セットの琉球和菓子が上品でとても美味しかったです。

>>詳細は「ぶくぶく茶専門店 古都首里嘉例山房|白いふわふわの泡を食べながら飲む」

沖縄旅行 2泊3日 感想

はじめての沖縄はまず海の美しさに感動しました。どこをドライブしても本当に絵になる風景の連続でした。

2泊3日のスケジュールですが、初日は夜到着ですので、実質1泊2日でした。ただし、主要なスポットは効率よく回れたので、中身の濃いモデルコースになったと思います。

車なしの場合は首里城、国際通りなど那覇周辺を観光するか、または空港から各地のリゾートホテルへシャトルバスが出ているので、ホテルでのんびりする過ごし方もできそうです。

オフシーズンに味をしめて2月に奄美大島に行っています。

>>詳細は「決定版!島の魅力を最大限に楽しむ!奄美大島2泊3日モデルコース」

沖縄2泊3日 予算

2泊3日の旅行でかかった大まかな費用です。すべて2人分の表記で約69,000円でした。これに往復の航空券がプラスされます。

内容 料金
JAL往復飛行機 マイル活用
レンタカー 6,000円
ガソリン・高速道路・駐車場 5,500円
ホテル2泊 42,000円
観光施設入場料(美ら海水族館・斎場御嶽) 4,400円
お土産代 1,000円
食事代 10,000円

スポンサーリンク
20171009レクタングル(大)広告
20171009レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする