古宇利島|車で行けちゃう美しい沖縄の海に囲まれた離島

橋のたもとの展望デッキ

2018年12月に2泊3日で沖縄に行ったときの旅行記です。2日目は宿泊先の「ホテル法華クラブ那覇」で早めに朝食を取って、レンタカーで美ら海水族館へ向かいました。

2泊3日といっても滞在期間は意外と短いので、効率よく観光するために水族館周辺にある観光スポットを事前に調べて、その結果、下記のルートが一番よさそうでした。

▼美ら海水族館周辺の観光ルート

1. 道の駅許田「やんばる物産センター」
2. 古宇利島
3. 備瀬のフクギ並木
4. 美ら海水族館

2日目に観光したのは場所で示す「今帰仁と本部町」のあたり↓

道中、「道の駅許田 やんばる物産センター」に寄ってから、インスタ映え間違いなしの「古宇利島」をドライブしました。古宇利島は沖縄本島から屋我地島(やがじじま)を経由して車で行ける周囲8㎞の小さな島です。

JALの嵐のCMのロケ地として一躍有名になった「ハートロック(ティーヌ浜)」や沖縄版・アダムとイブ伝説の舞台となった「チグヌ浜」を見て回ります。

橋の手前の駐車場の景色

まずは橋の手前にある駐車場に車を停めて古宇利大橋と島を一望できる展望台に上がります。

古宇利大橋車窓

全長2㎞の古宇利大橋。真っ直ぐ伸びる橋の両サイドはコバルトブルーの沖縄の海!

駐車場

島に入ったら島の北側にある「ハートロック」に向かいます。駐車場は無人で料金箱に100円を入れいます。無料のサンダルは借りたほうがベターです。

ハート岩

駐車場から細い砂道を歩くと見えてきました「ハートロック」。ドジャーブルの海がきれいです。

浜辺からのハート岩

浜辺に下りるとまた海の色が違います。浅瀬は透明度がかなり高く、岩周辺は神秘的なクリームブルー。浜辺はけっこう人が多いので、サクッと写真を撮って退散し、島の南側にある「チグヌ浜」へ向かいます。

古宇利島からみた古宇利大橋

古宇利島から見た古宇利大橋。

チグヌ浜かも

沖縄版「アダムとイブ伝説」の舞台チグヌ浜は、その周辺をウロウロしていまいたが、結局それらしき場所は見当たらずでした。写真はおそらく「ここじゃない!?」と思って撮った1枚です(笑)

美しい沖縄の海に感動した、車で行ける離島は沖縄観光には外せないスポットだと思います。また天気は大事なポイントです!島に着いたときは快晴でしたが、帰るころには曇がでてきしまい、鮮やかなブルーの海の色にかげりがみえました。

古宇利島のあとは車えびの養殖場が経営する「くるまえびキッチンTAMAYA」で美味しい車えび料理を楽しみました。

スポンサーリンク
20171009レクタングル(大)広告
20171009レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする