20190512

道後やや《蛇口からみかんジュースが飲み放題!?》

道後やや外観

2018年4月に2泊3日で愛媛県松山に行った際の旅行記です。

2日目の夜は朝食が人気の「道後やや」に宿泊しました。ほかのホテルに宿泊していて朝食だけを食べにくるお客さんもいるくらい人気なんです。さらにホテルの外観や内装は和モダンでとってもおしゃれ。道後温泉に行くなら一度は泊まってみたい、と思っていたホテルでした。

チェックインは18時頃、日中は「東洋のマチュピチュ別子銅山」を観光してきました。

▼「道後やや」を選んだ理由

■自社農園から毎日届く食材を使った朝食がとっても人気。
■アクセスが良い。道後温泉駅から徒歩5分。ホテルから「道後温泉本館」まで5分。「椿の湯」まで3分。
■蛇口からみかんジュースが出てくる。
■今治タオルの貸し出し「タオルバー」で種類の違ったタオルを楽しめる。
■時間帯別のおもてなしサービスがお得。
■外観、内装が和モダンのおしゃれな雰囲気。
道後やや宿泊料金を調べる

みかん蛇口
ホテルの入り口を入ると、すぐにうわさの「みかんジュースの蛇口」。写真で見ただけなので実物を前にちょっと感動。

みかん蛇口

「道後やや」の蛇口からでるみかんジュースの種類は3種類。

■温州みかん
収穫時期によって、いろんな品種に分類される、みかんの王道、「温州みかん」。しっかりした甘さと果肉感を存分に味わえます。

■清見(KIYOMI)
多くの新品種の親となっている品種。一個ずつ袋がけし、樹上で越冬します。種がなく内皮が薄いため、食べやすく、果肉もトロトロとしてまろやかな甘さが魅力です。

■不知火(SHIRANUI)
凸型の外見が特徴の個性的なかんきつ。厚い皮は剥ぎやすく、種も少ないので非常に食べやすい品種です。香りが高く、ジューシーな甘さが人気のかんきつです。

みかんジュース3種る
みかんジュースの飲み比べ。なんとも贅沢。「王道の温州みかん」がいちばん好きでした。

タオルバー
みかんジュース蛇口の向かいには今治タオルの「タオルバー」。

10種類の異なるタオルが置いてあります。外湯専用の貸し出しなので、部屋には持っていけません。このあと夜に入った「椿の湯」や翌日チェックアウト前に行った「道後温泉本館」のときに貸してもらいました。2回とも違ったタオルを利用しました。肌触り、タオルの硬さ、ふあふあ感など、違いに感心。

道後温泉割引
フロントで道後温泉入浴券が通常より安く購入可能です。「椿の湯」に行く際、早速購入しました。

道後やや おもてなしデスク

エレベーター前にある「おもてなしデスク」。時間帯で違ったものが置いてあって無料で楽しめます。丸1日いたのですべてのおもてなしを制覇してしまいました。

みかんヨーグルト
15:00-19:00 みかんヨーグルトドリンク。愛媛のみかんが入った手作りだそうです。

コーヒー牛乳
19:00からなくなり次第、のコーヒー牛乳は「椿の湯」から戻った湯上りにいただきました。湯上りのコーヒー牛乳ってなんでおいしく感じるんでしょう。。。

鯛めしおにぎり
21:00からなくなり次第、の鯛めしおにぎり。小さいおにぎりですが、ほぐした鯛の身がしっかり入っています。

みかんラスク
6:00-11:00のみかんラスク。ほんのりみかんの風味を感じるかるいラスクです。

道後やや デラックスツイン

「道後やや」の部屋タイプは、ダブルルーム(シングル利用可)ツインルームデラックスツインルームの3タイプです。口コミを読むと「デラックスツインルーム以外は部屋が少しせまい」みたいなコメントがありましたので、ゆっくりくつろげるよう「デラックスツインルーム」にしました。

客室フロア
エレベーターを降りると広い小上がり。ここで靴を脱ぎます。部屋ごとに下足箱がありますので履き物を入れて部屋へ。部屋には簡易スリッパが置いてあります。

下足箱のしたにはサンダルが用意されているので外湯施設に行くときなどはそちらを利用すればらくちんです。

居間
デラックスツイン和室。ホテルですが和室があることで温泉旅館に来た気分にさせてくれます。

ベッドルーム
デラックスツイン洋室。ヘッド2台が置いてあるシンプルな部屋。照明は多少暗めに設定されているので入眠環境もばっちり。ベッドサイドテーブルには目覚まし時計と室内エアコンのリモコンのみ。各部屋で空調の調整ができるので便利です。

バスルーム
洗面所と浴室が一体となったバスルーム。「道後やや」には温泉がありません。外湯施設が充実しているので部屋で入浴する人は少ないのかもしれません。

アメニティー
オムニサンスのマッサージソープ。オムニサンスは2004年にパリでスタートしたスパ発のスキンケアブランド。高級ホテルのアメニティとして定着しています。

シャンプー、コンディショナー、ボディソープは「道後ややオリジナル」。みかんの香りがほんのり薫る爽やかなラインナップ。

アメニティー2
歯ブラシ、ひげそり、くしの基本的なセット。

無双窓
部屋の窓は無双窓。連子(れんじ)を左右に移動することで光の調整ができます。写真は全開の状態。

無双窓
連子(れんじ)をずらして採光スペースを狭くした状態。

茶羽織
温泉街にあるホテルらしく茶羽織

浴衣

浴衣も部屋に用意されているので、浴衣に着替えてリラックス。開放感全開!

道後やや 宿泊感想

随所におもてなしの心が散りばめられた居心地のいいホテルです。朝食に惹かれて決めましたが、みかんジュースの蛇口やタオルバーなど、ちょっとした工夫で楽しい体験を演出してくれるのも魅力です。

ホテル内に温泉浴場がないのはむしろメリットで、「日本最古の温泉 道後温泉」の外湯施設へ足を運ぶ良いきっかけになります。

道後やや
住所:愛媛県松山市道後多幸町6−1
TEL: 089-907-1181
公式HP:http://www.yayahotel.jp/sp/
道後ややブログ:https://ameblo.jp/yaya-lunch/entrylist.html

スポンサーリンク
20171009レクタングル(大)広告
20171009レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする