20190512

鴨の旨みぎっしり!きざみ鴨せいろ 蕎麦「鶴見 田中屋」

鶴見 田中屋

2018年10月29日にオープンした鶴見駅西口より徒歩5分の豊岡町商店街にある「鶴見 田中屋」のランチに行ってきました。お店の前を通るたびに「いつも混んでるお蕎麦屋さんだな」と気になっていたので、ようやく訪れることができました。

本店は横浜市西区平沼にある「平沼 田中屋」で創業1920年と古く歴史あるお蕎麦屋さんです。

住所:神奈川県横浜市西区 平沼1-5-21
TEL:045-322-0863
営業時間:平日&土曜日11:00~22:00/祝日11:00~21:30
食べログ:平沼 田中屋

ランチメニュー

お店の外にあるメニューです。人気はお店の看板メニューで商標登録もしてある「きざみ鴨せいろ」です。ランチメニューは3種類。

ランチメニュー(11:00~15:00)※税別価格
■天丼とおそば(1,400円)
■まぐろ漬け丼とおそば(1,400円)
■そば膳(1,800円)
+400円できざみ鴨汁に変更可能

メニュー

通常のメニューです。おそばの基本「せいろ」&「かけ」は800円。

きざみ鴨せいろ

待つこと10分ほどで「きざみ鴨せいろ」が登場。お蕎麦の風味はあまり強くなくほんのり広がる程度です。のどごしも「サラッ」という感じ。

きざみ鴨汁

専用のそば猪口にはたっぷりの鴨汁が入っています。表面を油で覆うことでつけ汁が最後まで温かく食べられる工夫がしてあります。

初めはお蕎麦を少なめに付けて食べないと鴨汁が溢れますので注意です。鴨のうまみが凝縮されたつけ汁で納得の美味しさです!少し鴨感が強いので抵抗ある人もいるかもしれません。

せいろ2枚

2枚盛りなのがうれしい!お腹いっぱいというわけにはいきませんが、男性でも満腹感が味わえる量です。

そば茶とそば湯
食事の前にそば茶、お蕎麦と一緒にそば湯が提供されます。

鶴見 田中屋 きざみ鴨せいろ 感想

”鴨そば゛とはまさにこのこと!と言えるぐらいの、鴨の旨みがぎっしり詰まった「きざみ鴨せいろ」でした。この味なら1,100円も高くないと思います。またリピートしたい鶴見西口のおすすめのお蕎麦屋さんです。

住所:神奈川県横浜市鶴見区豊岡町20-8
TEL:045-717-9863
定休日:水曜日
食べログ:鶴見田中屋

スポンサーリンク
20171009レクタングル(大)広告
20171009レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする