20190512

【優雅な空旅】スクートビジネスクラスアップグレード入札方法解説

スクート航空台湾

2018年4月に3泊4日で台湾に行ったときの旅行記です。今回は安く・楽しく・美味しくモットーに計画を立てたため移動は初めてLCCを活用しました。行きはシンガポールのLCC「スクート航空」を利用。座席指定、預け荷物などのオプションはすべて排除して、片道ひとり8,300円で購入できました。

スクート航空ビジネスクラス アップグレード入札方法

scoot_upgrade_offermail

フライト4日前の朝にスクート航空から「ビジネスクラスにアップグレードしませんか?」というメールが届きました。前回の旅行でマレーシア航空からもビジネスアップグレードのお誘いメールが届き、それと同じシステムです。▶マレーシア航空ビジネスクラスアップグレードの記事はこちら

ビジネスクラスアップグレードは入札で「自分がこれくらなら払ってもいいな」と思う金額を入札します。見事、入札が通れば、かなり安くビジネスクラスに乗れるわけです。

まずはメールにある『BIDBIZ NOW』をクリック!

scoot_upgrade_offer1

⇒スクート航空のページに移動します。

scoot_upgrade_offer2

⇒次の画面で自分の予約番号・搭乗者の氏名・フライトの詳細が表示されます。

ページ下部「Your Bid」に入札金額を入力する箇所がありますので、そこで自分が支払ってもいいと思う金額を入力。ちなみに下限は7,000円~上限は30,000円と指定されています。

表の下には「現在入札に参加している人数」の記載があるので人数を考えて金額を設定するのもいいかもです。

今回は試しに「ひとり7,100円」で入札してみました。ほぼ下限ですので、当たるはずはない!

scoot_upgrade_offer3

⇒次の画面でクレジットカード情報を入力。ふたりで14,200円です。入札が通らなければ引き落としはされません。

scoot_upgrade_offer5

最後に確認画面が表示されてスクート航空のビジネスクラスアップグレードは終了です。あとは結果を待つのみ。

スクート ビジネスクラス アップグレード結果

scoot_upgrade_successful

フライト時間のちょうど24時間前にビジネスクラスアップグレードオファーの結果がメールにて届きます。今回はなんと当選!晴れてスクート航空のビジネスクラスに7,100円で乗れることになりました。

スクート ビジネスクラスのメリット

ビジネスクラスと言っても、LCCのビジネスクラスなので、フルサービスキャリアのプレミアムエコノミークラスといった感じです。(もしかしたらそれよりもサービスは劣るかも)

・リクライニングレザーシートと2倍の広さのレッグルーム(フットレスト有)
・受託手荷物は30kgまで
・機内持込手荷物は2つ、合計最大15kg
・機内食とドリンクサービス1回
・優先チェックインと優先搭乗機内
・スクートTVによる動画視聴

MaxYourSpaceのオプション

scoot_maxyourspace1

ビジネスクラスアップグレード入札後に、落選したときに備えて、「隣が空席になっている席を確保して、ゆったり過ごしませんか?」なんてオプションを提示されました。

scoot_maxyourspace2

料金は2,000円で購入できます。空席を埋めるためのアイデアがいろいろ詰まっているのがLCCならではです。

そもそも安く移動したい人たちが利用する航空会社なので、ビジネスクラスアップグレードに参加する人は少なく、参加しても入札金額を低めに入れている人が多いのかもしれません。

かなり安くビジネスクラスを体験できるので、ご興味あるかたはぜひトライしてみてはいかがでしょうか・・・

スポンサーリンク
20171009レクタングル(大)広告
20171009レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする