20190512

圓山大飯店(グランドホテル台北)の朝食【世界10大ホテルにも選出】

圓山大飯店レストラン松鶴

2018年4月に3泊4日で台湾に行ったときの旅行記です。初日はひと昔前に世界10大ホテルにも選定された、台北のシンボル的なホテル「圓山大飯店(グランドホテル台北)」に宿泊しました。

※最低価格をお探しの方は下のリンクをご活用ください(各サイトへリンクします)
Expedia | agoda | Hotels.com

▼圓山大飯店(グランドホテル台北)朝食料金と時間 レストラン「松鶴」

■朝食6:00-10:00 NT$600(≒2,160円)※NT$=3.6円計算
■ランチ11:30-14:00 NT$900(≒3,240円)
■アフタヌーンティー14:30-17:00 NT$590(平日) NT$690(土日祝)
■夕食18:00-21:30 NT$1080(平日) NT$1180(土日祝)

世界10大ホテルの外観はこんな感じです。

圓山大飯店外観
巨大な中国建築様式の圓山大飯店。知らない人は誰もが「何この建物?」ってなるくらいインパクトがデカい!

圓山大飯店ロビー
ロビーはまるで宮殿。インスタ映え間違いなし。

圓山大飯店 朝食(グランドホテル台北)

朝食は1階レストラン「松鶴」でいただきました。ビュッフェエリアは広くて、和洋中、卒なく揃っています。味は可もなく不可もなく、という感じです。

圓山大飯店サラダ
ビュッフェ定番のサラダコーナー。

圓山大飯店ハム&たまご
千切り野菜、豆腐、スライスハム、アヒルの卵など中華冷菜。


洋食冷菜。


台湾といったら点心。肉まん、シュウマイなど。


蒸し野菜。とうもろこし、かぼちゃ、さつま芋、ピーナッツ。

圓山大飯店パン
ベーカリーコーナー。デニッシュなど4種類。その他、ドライフルーツが入ったパンは自分でカットして食べれます。

圓山大飯店パンケーキ
ライブキッチンはパンケーキ。ビュッフェエリアの端にあり、あまり気づかれない存在でした。

圓山大飯店ホットフード中華
中華料理が中心のホットフード。野菜炒め、チャーハンなど。

圓山大飯店ホットフード洋食
ベーコン、ソーセージなど洋食がメインのホットフード。台湾の名物料理の一つ、茶葉(烏龍茶や紅茶など)と香辛料で煮たゆで卵「茶葉蛋(茶葉ゆで卵)」もあります。

圓山大飯店お粥
台湾ならでは「お粥のコーナー」。トッピングが色々あり、自分の好みの味付けに調整して食べるのが楽しい。

圓山大飯店ヌードルコーナー
大好きヌードルコーナー。「Tan Tan Noodle」と書いてあるので、担々麵だと思います。味付けしたひき肉とちょっとした野菜が入っています。スープは薄味なので、調味料をお好みで調整。日本の担々麵とは違います。▶絶品マレーシアプローンヌードル

圓山大飯店ちらし寿司
海鮮ちらし寿司。日本人の年配の旅行者にはありがたい一品のようです。

圓山大飯店ドライフルーツ&ナッツ
ドライフルーツとナッツが充実しています。

圓山大飯店チーズ
チーズ各種。プロセスチーズもあり食べやすい種類が多いです。

圓山大飯店ヨーグルト
ヨーグルトとカットフルーツ。ヤクルトのジョア的なものがあります。

圓山大飯店ドリンク
チョコレートミルク、牛乳、豆乳。別のコーナーにはすいかのフレッシュジュースがあります。

圓山大飯店デザート
デザートはレストラン入り口すぐ。スコーンが美味しかったのでお試しください。

圓山大飯店フルーツ
メロン、パパイヤ、バナナ、すいか。残念ながらありきたりのラインナップ。ここに台湾マンゴーが加われば最高。


客席はかなり広いので、場所によってはビュッフェエリアまでが遠い。


圓山大飯店(グランドホテル台北)の朝食時間ならびに料金です。終日形態を変えてビュッフェをやっています。圓山大飯店(グランドホテル台北)の朝食は宿泊プランに込みだったので、料金はあまり気にしていませんでした。

料金表をみると意外に高価な朝食料金に少し驚きです。

▼圓山大飯店(グランドホテル台北)朝食料金と時間 レストラン「松鶴」

■朝食6:00-10:00 NT$600(≒2,160円)※NT$=3.6円計算
■ランチ11:30-14:00 NT$900(≒3,240円)
■アフタヌーンティー14:30-17:00 NT$590(平日) NT$690(土日祝)
■夕食18:00-21:30 NT$1080(平日) NT$1180(土日祝)

——————————-
グランドホテル台北(円山大飯店)(THE GRAND HOTEL)
住所:〒104海外台湾台北市中山區中山北路4段1号

<<予約サイトで宿泊料金を比較する>>
Expedia | agoda | Hotels.com
——————————-

スポンサーリンク
20171009レクタングル(大)広告
20171009レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする