20190512

指宿白水館 旅行記 ブログ《砂風呂や夕食と朝食の料理は?》

指宿白水館 中庭

2020年11月に2泊3日で鹿児島へ行ったときの旅行記ブログです。初日は鹿児島空港から九州自動車道で一気に指宿まで行き、「指宿白水館」に泊まってみました。

老舗の大型ホテルらしく、部屋からの素晴らしいオーシャンビューの眺め、手入れの行き届いた松の庭園、趣向を凝らした大浴場や砂むし風呂など、素敵な時間を過ごせました。

指宿白水館 料理 夕食

夕食は和食のコースです。鹿児島の黒豚を使った角煮やしゃぶしゃぶ、お刺身もプリプリで美味しかったです。

前菜 指宿白水館夕食

前菜は9品。旅館の夕食でよく出る「フォアグラ松風」はやはり美味しい。

吸物 指宿白水館夕食

お吸い物は大きな鴨の肉団子。鴨のだしがよく出ています。

お造りと焚合 指宿白水館夕食

お造りは4種のお刺身と煮物は黒豚の角煮です。

焼物 指宿白水館夕食

焼き物はかますの杉板焼きとズワイガニのクリーム焼き。杉の木で魚を焼くなんて、凝ってます。

酢の物と鍋 指宿白水館夕食

酢の物はやはりきびなごと枕崎が近いのでカツオのたたき。

ご飯とお味噌汁 指宿白水館夕食

ご飯には黒豚のお鍋です。合わせて鹿児島の郷土料理、薩摩汁。

デザート 指宿白水館夕食

デザートは季節の果物とこしあんアイス。

指宿白水館  料理 朝食

朝食はそこそこ品数はあるものの、2日目に泊まった城山観光ホテルの朝食ほど、ワクワク感は残念ながらありませんでした。

朝食会場も若干ひとが多く、料理の補充も少し追いついていない感じです。

朝食 指宿白水館

人もいたので朝食ビュッフェの写真は控えました。鹿児島らしさは野菜のせいろ蒸しやきびなごの焼き魚、南九州の季節のお菓子あくまき、などがありました。

朝食さつまあげ 指宿白水館

こんなにさつま揚げを食べたのは人生初ですね。

指宿白水館 泊まった部屋

ツインベッドルーム 指宿白水館

ツインベッドルーム。

お茶うけ 指宿白水館

お茶うけのさつまいものお菓子が激うまです。ホテルのブランドの「かみよせ」。ムラサキイモと黄金千貫の2種類のいもを使用しています。

そして知覧茶のティーパックも茶葉がてんこ盛りで入っていて濃いお茶がいただけます。

アメニティ 指宿白水館

館内用の浴衣とアメニティ。巾着袋は持ち帰りOKです。

プール 指宿白水館

目の前の海と地続きになっている松の庭園は朝の散歩に最適です。写真は庭園のなかにあるプール。

白水館 砂風呂

指宿と言えば砂風呂!白水館では大浴場に隣接して施設内にあるのでとっても便利でした。

砂風呂は予約制で宿泊客の到着が多い17時頃が1番混むそうです。料金は1,000円です。予約はチェックインのときフロントでしました。

白水館 砂風呂 入り方

砂風呂のは入り方は専用の浴衣を受付カウンターでもらって、脱衣場で浴衣一枚に着替えます。(※下着もなしです)

砂場に到着したらベンチで待ちます。その間、浄水器があるので水分補給忘れずに!

スタッフさんの案内に従い、指定の場所で仰向けに寝転がり、あとはスタッフさんが上手に全身に砂をかけてくれます。入浴時間は大体10分が目安です。しばらくするとジワッーと汗をかいてきます。全身ポカポカでめちゃくちゃ気持ちいいです!

砂風呂を体験したくて指宿まで来たので大満足でした。ちなみにカメラは持込みNGなので、写真がほしい人は有料で撮ってもらえます。

指宿白水館 コロナ対策

コロナ対策はしっかりしていたので、安心して滞在できました。当然ですが、到着したら検温とアルコール消毒をして入館します。

エレベーター前にもアルコール消毒液が設置されています。

夕食は席と席の間隔が広めで、周囲の会話も気になりません。朝食も入口で検温とアルコール消毒が徹底されていました。ビュッフェを取るときはマスクと手袋をみなさん守って料理を取っていました。

砂風呂も体験できたし、テーマパークのような大浴場が楽しく、温泉がとっても魅力的な旅館でした。

◆鹿児島2泊3日 関連記事◆

2020年11月に2泊3日で鹿児島へ行ったときの旅行記です。2日目は鹿児島市内の高台にある「城山観光ホ...
2020年11月に2泊3日で鹿児島へ行ったときの旅行記です。初日のランチは地元の人や観光客にも人気のと...
2020年11月に2泊3日で鹿児島へ行ったときの旅行記です。2日目は午後から桜島を観光しました。島内で...
2020年11月に2泊3日で鹿児島へ行ったときの旅行記です。初日に泊まる「指宿白水館」に向かう途中に立...
2020年11月に2泊3日で鹿児島へ行ったときの旅行記です。最終日の3日目は午前中に鹿児島市内の観光名...
スポンサーリンク
20171009レクタングル(大)広告
20171009レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする