ダナン ホイアン モデルコース【4泊5日でかなり満喫できる】

ダナンドラゴンブリッジ

ここ最近、ベトナム中部に位置するビーチリゾート「ダナン」が熱い!「アジアで訪れたい都市」として旅行情報サイトで多くの特集が組まれています。2014年にはトリップアドバイザーの「いま訪れたい注目の都市」で1位に輝いています。ベトナムと言えば、ホーチミン、ハノイの2大都市が観光スポットとして有名ですが、ベトナム第3の都市ダナンは十数年前から開発が進み、いまやダナンのビーチ沿いにはリゾートタイプの外資系ホテルがバンバン建設されていて世界中から観光客が訪れています。そんなダナンを4泊5日で訪れた旅行記を「ダナン モデルコース」としてまとめてみました。

ベトナム ダナン 地図

もともとは小さな漁村であったダナンですが、国際貿易で栄え、近年は開発が急激に進んでいます。人口は100万人を超えていますので、日本の政令指定都市に匹敵する規模の大きさなんです。世界遺産のホイアンやフエにもアクセスが良いのも人気に拍車をかえている理由です。

そんなダナンへは成田国際空港から直行便が運航しています。フライト時間は5時間40分と日本から意外に身近なリゾートだったのです。2018年6月の運行状況は下記のとおりです。

往路:成田国際空港発10:00→ダナン国際空港着13:40

復路:ダナン国際空港発00:20→成田国際空港着07:35

私たちがダナンに行った2017年5月の時点では往路成田発15:20/復路ダナン発10:45でした。

ダナン旅行記初日の記事はこちら

ダナン 治安

夜歩き、スリ、ひったくり、ぼったくり、テロなど海外旅行に行くとその国の治安は心配事のひとつです。実際、ダナンに5日滞在した感想は「比較的治安は良い」です。夜歩いていても危険を感じるような場所はなかったです。ただ海外ですので警戒は怠らずに過ごすことをお勧めします。

警戒を怠った結果、台湾九份でスリにあった悲劇はこちら

外務省海外安全ホームページはこちら

ダナンベストシーズン

ベトナムは南北に長く北部・中部・南部と同じ国でも気候がそれぞれ違います。ダナンのあるベトナム中部は平均気温は26℃で年間を通じて高温多湿な気候です。乾季と雨季に分かれていて、ダナンの乾季は3月から8月、雨季は9月から1月になります。雨季の時期は多い日は1日で300㎜以上の雨が降るときもあります。

そのなかでも観光のベストシーズンは乾季にあたる5月から8月です。日本と同様に8月の夏場は最高気温が30℃に達する日も多く、暑さ対策は万全を期する必要があります。

私たちの旅行は5月にあたりましたが、滞在中は雨は降らないものの曇天が多く、天候にはあまり恵まれませんでした。湿度が相当高く、早朝に登った五行山はTシャツに汗びっしょりになるくらいです。外出時の水分補給と着替えは多めに用意するといいです。

メリアダナン朝日
最終日にようやく水平線から昇る朝日を拝むことができました。(メリアダナンホテルの客室より)

ダナンの服装

5月のダナンは男性は半袖短パンで十分です。女性はワンピースなどサラッと着れるものがおすすめです。ホテルなどで食事をする場合はエアコンが効きすぎているところがあるので上に羽織るものが1枚あると便利です。とくかく湿度が高いので下着とTシャツ類は多めに持っていくといいです。

滞在した「メリアダナンホテル」にはプライベートビーチがあり、5月でも海に入れる暑さでした。メリアダナンホテルのプールは家族連れやカップルがかなり利用していました。世界の美しいビーチ100に選ばれた「ミーケビーチ」でも海に入れますので泳ぎたい人は水着必須です!

ダナンタクシー事情

短い滞在の旅行ではうまくタクシーを使って効率よく移動したいものです。アジアでタクシーを使おうと思うと、まず心配なのがぼったくり!ダナンの街中ではいろいろな会社のタクシーが走っています。その中でも比較的安心できるタクシーと言われている2つがこちらです。

■「ビナサンタクシー(VINASUN TAXI)」
■「マイリンタクシー(MAILINH TAXI)」

実際に利用したタクシー料金を別記事でまとめています

ダナン ホイアン モデルコース|初日

出発は2017年5月。日本旅行のパックツアー「空港送迎付き終日フリー5日間」のプランです。5日間の日程はこんな感じでした。現地での観光は実質3日間。

■1日目 成田発 15:25 ダナン着 19:45 現地ホテル到着 21:00
■2日目 ダナン観光
■3日目 ホイアン観光・宿泊
■4日目 ダナン観光
■5日目 ダナン発 10:25 成田着 18:00

ベトナム航空 ダナン直行便
15:25 成田国際空港発 ベトナム航空ダナン直行便。オンラインチェックインと座席指定は24時間前から可能でした。

ダナン国際空港
19:45 ダナン国際空港到着。2017年5月に開港したばかりの真新しい空港。

メリアダナンホテル
21:00 メリアダナンホテル到着

メリアダナンホテルの宿泊料金はこちら(トリップアドバイザーのサイトにリンクします)

メリアダナンホテル夕食
21:30 メリアダナンホテルのレストラン「Market Place」で遅い夕食。ツアーに滞在中のディナー1回が付いていました。この時間から市街に出かけるのも疲れるので、早速利用しました。ツアーに含まれたものなのであまり期待していませんでしたが、初日からベトナムらしい料理が食べれて結構、満足度高い内容でした。

ダナン旅行記初日の記事はこちら

ダナン ホイアン モデルコース|2日目

メリアダナンホテルに滞在しているメリットを生かし、朝一番で「五行山(マーブルマウンテン)」を観光しました。ホテルから徒歩13分ととっても近いのです。

五行山全景
10:00 五行山登頂

五行山頂上からの眺め
五行山頂上からの眺め。ダナンの海岸線が見渡せて景色は最高です。

マダムラン食事と飲みもの
13:00 地元でも人気のベトナム料理レストラン「マダムラン」にて昼食。ベトナムの麵料理ブンチャーカー、バインセオ。飲み物はパッションフルーツジュースとアボカドジュース。ベトナムはパッションフルーツが美味しいのでお試し下さい。

ダナンドラゴンブリッジ
14:00 腹減らしにハン川沿いを散歩。火を噴く橋「ドラゴンブリッジ」。夜はライトアップされます。

ダナン大聖堂
14:30 ピンク色の建物が特長の「ダナン大聖堂」

コン市場
地元の食材やお土産が買える「ハン市場」

ビッグC
18:00 地元のスーパーマーケット「ビッグC」でバラマキお土産を購入します。

ベトナムお土産
蓮の花茶、燕の巣のジュース、ベトナム産赤ワイン、袋麺など、色々売っていますので見てるだけでも楽しめます。

アラカルテホテル
20:00 ミーケビーチ沿いのお洒落な「アラカルテホテル」でダナンの夜景を楽しみながら軽い夕食を楽しみます。インフィニティプールがとってもインスタ映えしますので、日中行くことをお勧めします。ホテルに宿泊していなくても無料で入れます。

アラカルテホテルの宿泊料金はこちら(トリップアドバイザーのサイトにリンクします)

ハンバーガー
屋上がカフェバーになっています。

ミーケビーチ夜景
アラカルテホテルの屋上から眺めるダナンの夜景。屋上なので心地よい海風が流れています。

ダナン2日目の詳細は別記事にて記載しています

ダナン ホイアン モデルコース|3日目

3日目は16世紀に国際貿易の港町として栄え「海のシルクロード」と呼ばれていたホイアンを観光しました。1999年に世界文化遺産に登録されています。ダナンから車で30分。私たちはホテルからタクシーを利用しました。(片道280,000VND)

貿易町として栄えた頃は日本人も住んでいたそうで、ヨーロッパ、中国、ベトナムなど各国の文化が入り混じった異国情緒あふれる古い街並みはとっても魅力的です。街はコンパクトなので半日もあれば徒歩で十分周れます。

総合チケット売り場
11:00 歴史保護地区に入るにはチケットブースでチケットを購入する必要があります。

ホイアン街並み
街の至る所にランタンの飾りが下りています。夜はライトアップされるので昼間とはがらりと雰囲気が違って幻想的です。

yaly
12:00 腕利きのテイラーが多いホイアンで絶対に作りたかった「オーダーメイドスーツ」を作りました。数あるテイラーショップのなかから選んだのが「YALY」です。


生地選び、採寸、試着、調整などを経て19時にオーダーメイドスーツが完成。通常は2日間かかる工程を半日でやってもらいました。実際の完成までの流れはこちら

バインミーフォー
13:00 ホイアンに来たら絶対に食べたい名物料理3品が味わえる「Ban Mi Phuong(バインミーフォン)」で遅いランチ。バインミー、揚げワンタン、ホワイトローズをいただきました。

ホイアンロースタリー
15:00 街歩きで疲れたのでオシャレなコーヒーショップ 「HOI AN ROASTERY」で休憩。ヨーグルト入りコーヒー&アイスカフェスア(練乳入りベトナムコーヒー)ふたつで110,000VNDでした。

オーダーメイドの靴
17:00 奥さんも何か作りたい!ということでオーダーメイドの靴を作ってもらいました。

モーニンググローリー
20:00 夕食は欧米人にも人気の「モーニンググローリー」でコムガーとパパイヤのサラダをいただきました。このチキンライスが絶品です。

ホイアンマッサージ
21:00 1日の疲れを癒すため、街中のマッサージを利用しました。お客さん誰もいないし、薄暗い階段を上がった2階の部屋に通されて、かなりドキドキ体験でしたが、何事もなくリフレッシュできました。

ビンフンエメラルド客室
ホイアンで滞在した「ビンフンエメラルド」。写真はリバービューのテラス部屋です。きれいに清掃されていてクーラーも完備されています。歴史保護地区まで歩いて10分と立地も良しでした。

ビンフンエメラルド朝食
ビンフンエメラルドリゾートの朝食。メリアダナンホテルより劣りますが、充分満足できる朝食ビューです。

ビンフンエメラルドの宿泊料金はこちら(トリップアドバイザーのサイトにリンクします)

ホイアン3日目の詳細は別記事にて記載しています

ダナン ホイアン モデルコース|4日目

4日目の朝はホイアンのビンフンエメラルドリゾートで早めに朝食を済ませて、タクシーでダナンに戻りました。

ミーケビーチ
10:00 世界の美しいビーチ100に選出された「ミーケビーチ」を観光。どこまでも続く白い砂浜がとってもまぶしいです。

アラカルテホテル at the top
11:00 2日目の夜にダナンの夜景を見に来た「アラカルテホテル at the TOP」のバーでしばし休憩します。

アラカルテホテルインフィニティプール
有名なインフィニティプールからの景色。ダナンの海とプールが一体化した風景が見ものです!

パッションフルーツジュース
ダナン旅行でハマったパッションフルーツジュース。

ハン市場
13:00 ハン市場で地元の食材やお土産を探します。海産物のかわきものの独特なにおいと新鮮な野菜や果物の香りが入り混じった、市場ならではの雰囲気です。ただ買うものは特にありません!(笑)

ミーアハッピーブレッド
ブログやガイドブックで紹介されている「バインミー」が美味しい「ミーアハッピーブレッド」で軽い昼食。

バインミー
パリパリ、サクサクのバインミー。ドリンクとセットで注文。2セット注文して100,000VND。

メリアダナンスパ
15:00 一旦、メリアダナンホテルに戻って、ツアーに含まれているスパの施術を受けます。アロマを焚いた静かな部屋でじっくり旅の疲れを癒してもらいました。(※フロントで予約が必要です)

メリアダナンスパの様子は別記事にて紹介しています。

Be Anh
17:00 ミーケビーチ沿いにあるシーフードレストラン「Be Ahn」でディナー。事前に注文の仕方を予習していきましたが、いざ生け簀の前で注文しようとしましたが、言いたいことを言えずにあえなく撃沈。とにかく混雑しているのでスタッフさんもゆっくりかまってくれません。

Be Ahnシーフード
必至で注文した、えびのチリソース炒め、イカの炭火焼き、アサリのレモングラス蒸し。

バインミー屋台
シーフードだけではお腹が満たされなかったので、露店でバインミーを買ってみます。食べ歩きしながら食べるバインミーも格別です。

国際花火大会
20:00 ちょうど滞在4日目の夜は9回目を迎えるダナン国際花火大会でした。アラカルテホテル屋上のカフェバーで観賞会を開催していたのでチケットを前日に購入。チケットにはフィンガーフードとドリンクが付いています。

打ち上げ花火
あいにくのスコールでせっかくの花火が台無しに。。。でもいい記念になりました。

ダナン4日目の詳細は別記事にて記載しています

ダナン ホイアン モデルコース | 最終日

5日目最終日は午前11時のフライトのためホテルで朝食をとって、すぐに帰国の準備します。(2017年5月時点の成田行きフライトは午前10:25でした)

ダナン国際空港
10:00 保健検査場を通過したあとはお土産屋、コーヒーショップ、両替所などがあります。買い忘れたお土産などあれば、ちょっと割高ですが購入できます。

ダナン5日目・最終日の詳細は別記事にて記載しています

ダナン ホイアンで買ったお土産

ダナン・ホイアンの旅行で買った自分用のお土産です。会社や友達にはフェバチョコレートを2日目に購入しましたが、自分用って大したものを買ってないのに気づきました。

ダナンマグネット
ドラゴンブリッジのマグネット。

ホイアンマグネット
ホイアンのマグネット。切り絵が施されていて異色のマグネットで結構気に入っています。

ベトナムコーヒー
ベトナムコーヒー。

蓮の花茶
蓮の花茶。ストレス、ダイエットサポートに効果的で「美肌茶」との呼び声もあります。

アンティチョーク茶
アンティチョーク茶。ハーブティーの一種です。食欲改善、便秘、貧血などにも効果がきたいできるお茶です。

生姜茶
生姜茶。かなり生姜が強く、冬場はあったまります。

ピーチ紅茶
ピーチ茶。スーパーマーケットで日本人のカップルが超大量に購入していたので思わず、人気なのかと思って買っちゃいました。

セイロン紅茶
スリランカでもないのにセイロン紅茶。なぜ買ったんだろう。個包装されていないので開封すると香りが落ちてしまうのが難点ですが、普通においしい紅茶です。

スポンサーリンク
20171009レクタングル(大)広告
20171009レクタングル(大)広告

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする